はじめに


マニュアル1
01収入ゲットの準備


マニュアル2
02システムに必要な物の準備


マニュアル3
03ホームページ用ファイルの作成


マニュアル4
04効果的な宣伝方法


マニュアル5
05全体の流れの確認


ブックマークしてくださいね!
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip newsing iza Choix Flog Buzzurl 
<マニュアル2>
システムに必要なものの準備

まずこのシステムを行なうに当たって必要なものが3つあります。

(1)入金先の口座

(2)メールアドレス

(3)ホームページスペース

もしすでにお持ちの方は読み飛ばして頂いて結構です。



(1)入金先の口座

※インターネットバンク

インターネットバンキングの口座はお持ちですか?
自宅から振込みが確認できるので、わざわざ銀行まで行って入金を確認する必要がありません。
金利も大手都銀を大きく上回ります。メインバンクとしてもお薦めです。

楽天銀行(旧イーバンク銀行)
振り込み手数料が非常にお得です。
他行への3万円未満振込で160円(税込)、3万円以上は250円(税込)です。
ATM利用については、郵便局、三井住友銀行、コンビニ提携のものが利用可。残高により利用料が所定の回数まで無料です。
預入れ(3万円未満)と引出しの手数料が所定の回数まで無料です。
無料で口座開設および維持できます。
口座をお持ちでないなら作っておきましょう!
面倒な申込書の記入や押印は必要なく、
口座開設に必要な本人確認書類も、携帯のカメラで撮影して送信すればOKです!
24時間365日ご利用可。
取引明細は「取引時刻」まで確認可。
振込入金があった場合などにメールでご連絡。
郵貯に送金できます。郵貯からの送金も受けとれます。


ジャパンネット銀行
基本的な用途方法については、楽天銀行(旧イーバンク銀行)と同様ですが、
口座維持料金を無料にするには条件があります。詳しくはサイトをご覧ください。


楽天銀行(旧イーバンク銀行)ジャパンネット銀行がインターネットバンキング最大手です。
ネットビジネスを展開するには、2つの口座は必需品です。
振り込み手数料がかからなかったり安かったりするので、
換金時等にどちらかが指定されることが多いです。

この機会に口座を開設してください。
ビジネスに関係なくインターネットでお金のやり取りをする際に大変便利です。




(2)メールアドレス

こちらもネットビジネスで活動されている方は既にお持ちの方も多いかと思います。
お小遣いサイトに登録すればするほど届くメールが多くなります。
普段使用しているメールアドレスで登録すると、大切なメールといっしょになってしまったりします。
そこで「フリーメール」(無料で取得できるメールアドレス)を利用することをおすすめします。
無料ですし、受信アドレスによってフォルダをわけたりすることもできます。
またWEBでメールを受信できるものがほとんどですので
プロバイダのメールボックスがいっぱいになってしまうこともありません。
ここではよく使われているフリーメールをご紹介します

Gmail :https://www.google.com/accounts/NewAccount
  ( 設定法の説明 )
Yahoo!メール :http://mail.yahoo.co.jp/
infoseekメール :https://register.www.infoseek.co.jp/Regist
Hotmail :http://login.passport.net/uilogin.srf?id=2
Exciteメール :http://www.excite.co.jp/mail/
gooメール:http://mail.goo.ne.jp/index.html

この中でも Gmailメール Yahoo!メール をお勧めします。




(3)ホームページスペース

ホームページを作るには、ホームページを公開するスペース(場所)が必要です。
自宅サーバーを構築してすべて自分で行うのも良いですが、
導入にあたりたくさんの時間が掛かります。

ここでは、時間短縮のため無料レンタルサーバーを利用することでホームページ作成に必要なスペースを確保することをおすすめします。

無料レンタルサーバー選びは以下の点に注意しましょう。
●登録・維持費が無料であること
●審査なしで登録できること
 (申し込んだもの全てが認められるのではなく、審査や抽選があるものがあります。)
●商用・アダルトOKなもの
 (アダルト広告を掲載しない場合は、気にしなくて良いです。)
あとは、お好みでどうぞ。
○独自ドメインが持てること
 (紹介するとき、かっこいいと思います。)
○FTPが使えるもの
 (あると便利ですが、使えない場合はブラウザで登録します。)
それと、このシステムで気にしなくて良いことは以下の通りです。
○PHP、SSI、SQLは使いませんので、あっても良いし無くても良いです。
○容量は10M以上なら大丈夫です。
 (100M、500M、1Gや2Gあっても良いですが、このシステムでは使いません。)
それと、無料レンタルサーバーはほとんど、公開ページに広告が掲載されます。
それが無料の理由なのですが、それがダメだったら有料レンタルサーバーを選ぶか、抽選が必要なものを選ぶことになるでしょう。
以下、参考サイトです。
人気無料レンタルサーバーランキング
人気レンタルサーバーランキング
 


■無料レンタルサーバー登録の例

それでは、お勧めの無料レンタルサーバー「@PAGES 無料ホームページスペースサービス」を
例にとって説明します。
(もちろん先の一覧のリンクから自由に選んでもらって良いですよ!)

まず@PAGES 無料ホームページスペースサービスにアクセスします。

1.新規ユーザー登録
画面の右、[新規登録(無料)]をご覧ください。
登録に必要な情報を入力して[規約に同意して登録]をクリックします。
○ユーザID
 お好きな半角英数でお願いします。「http://wwwX.atpages.jp/ユーザID/」となります。
 既に他の方が登録したものと同一のものであればエラーとなります。
 その場合には、別のものをお願いします。
 他の言葉を選ぶのも良いし、後ろに数字を付けるのも良いでしょう。
 このIDはFTPのログイン等、すべての場合と共通になります。
○メールアドレス
 フリーメールアドレスでも登録できます。
 登録が済むと、確認メールが届きます。

「[@pages]新規登録のお知らせ」という件名のメールが届きます。
このメールには、先のIDとともに、パスワード、FTPサーバ、ホームページURLが記載されています。
○パスワード
 ログインの時に使います。
○FTPサーバ
 FTPサーバ利用時に使います。
○ホームページURL
 これをクリックするとホームページに行く、というものなのですが、
 今は登録したばかりですから、クリックしても変なのしか表示されません。

このメールには他にも大切な情報が含まれていますので、
大切に保管しておいてください。
■ホームページ初心者の方はこちらの作成ガイドをご覧下さい。簡単にホームページが作成できます!
■管理画面はこのURLから入ることができます。
登録したメールアドレス確認と変更、ディスク使用容量確認、パスワード変更、会社へのお問い合わせが可能です。
FTPを使わない場合のホームページ編集もこちらから行います。
■FTP,FFFTPに関する事は、このURLを御覧下さい。



さて次に行きましょう。
これで下準備完了です!疲れていませんか?いよいよ次からは本番です。
設定の準備はもう少しかかるので、初心者の方はここで少し休んでから進んでくださいね。

前へ | TOP | 次へ