げん玉deゲットマネー!

げん玉登録 ゲットマネー登録

.
.

ブックマークしてね!
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip newsing iza Choix Flog Buzzurl 

.
結婚相談所のサービス
.

.

145
消費者金融
アクセスランキング
無料アクセスアップ:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら HottaWorld::[活・喝・勝]
お小遣い★usa★
げん玉

↑自動で被リンクが増殖する新しいリンクシステム。登録無料!

登録へ

.
.
.

以下、インターネット上で発言されている内容を私の観点で整理しました。

グーグルが公開している内容が背景になっているものが多いと思いますが、正しいかどうかを自分で検証したわけではありませんので、その点はご理解ください。

しかも、「これをやれば大丈夫」というものはなく、時代に応じて変化していくものだそうです。

参考サイト

ホームページスペース

ホームページを作るには、ホームページを公開するスペース(場所)が必要です。

自宅サーバーを構築してすべて自分で行うのも良いですが、導入にあたりたくさんの時間が掛かります。

各社、様々なサービスが提供されていますので、必要に応じて選んでください。

ちなみに、私は以下の点に注目しています。

○審査なしで登録できること
(申し込んだもの全てが認められるのではなく、審査や抽選があるものがあります。)
○独自ドメインが持てること
(紹介するとき、かっこいいと思います。)
○FTPが使えるもの
(使えない場合はブラウザで登録します。自宅で作業する場合は問題ないでしょうが、職場などではFTPが使えない場合があります。その場合はブラウザで登録することになります。どちらも使えるものを選びましょう。)
○無料お試し期間があるものを
(FTPの項目で示したように、実際使ってみないと分からない部分がありますから。)
○PHP、SSI、SQLなどのスクリプトプログラムのうち、SSIは必要だと思いました。
○容量は100M以上
(1Gや2Gあっても良いですが、HPだけでは使わないでしょう。でも、データ置き場として利用があり得るかも知れません。)
○無料より有料、だけど安いところ
(無料の場合、広告が入るところがほとんどです。これが邪魔だと思っても、消すことができません。それなら有料のものを選ぶしかないのです。それなら安いところが良いと思いました。)

特に最後の項目が会社選びの決め手になると思いますが、これを無料にするプログラムを実施している場合があります。私の場合は下記の会社を選びました。

これはアフィリエイトを利用するものです。つまり、あなたが出した広告を通して契約された方があれば、その広告料でサイト利用料がまかなえる、というものです。

これが上手く行かなくても、月数百円なので気にならない程度だと思います。
しかも、先にA8.net等のアフィリエイト会社に登録してから、そこで広告をクリックすれば、自分で申し込んだことになり、当初の利用料が半額になる「本人OK」という仕組みがあります。これはお得です。

同様な会社は他にもありますので、下に紹介します。

ただ、今までHPを作ったことがなくて、いきなりお金を払うのに不安があるという場合には、無料の会社もあります(広告付き・条件付きですが)。

以下、参考サイトです。
人気無料レンタルサーバーランキング
人気レンタルサーバーランキング

 

URL

「xxx.html」といったファイル名やフォルダ名にもコンテンツと連動したわかりやすく簡潔なものを設定しましょう。

ファイル名やフォルダ名は、すべて小文字で統一するのがインターネット上の流儀です。それと、空白はダメです。「-」や「_」で代用してください。

 

フォルダ内容一覧ページ

各フォルダに「index.html」などの一覧と概略を示すページを作りましょう。

時折、インターネットを利用するとき、
「http:www.○○/index.html」と指定せず、
「http:www.○○」とだけ指定することってありませんか?

私はあります。

そう言われるとそうだと気が付きました。

このとき、コンピュータは自動的に「index.html」や「index.htm」を探すのです。もしもそれが見つからない場合は困りますのでそれに対応したものを作っておかないといけません。

そこでどうせ作るんなら、サイトマップみたいな、フォルダの内容の概略を一覧で示すようなページがあると良いですね。

 

ページ数を増やす

検索エンジンは、サイトが充実しているかどうかの評価をページ数(htmlファイル等の個数)で評価しています。

1枚のWebページにたくさん書くより、内容のまとまりごとにWebページを分割した方が良いです。

 

タグ

「タグ」とは

ホームページやWebページと呼ばれるものは、「タグ」と呼ばれる記号で記述されています。

「タグ」は<○○>という開始タグと</○○>という終了タグの2つがセットになっているものがほとんどです。この2つをまとめて「タグ」と呼びます。

この「タグ」がたくさん集まってホームページやWebページができているのですが、それぞれのタグは「入れ子」の構造になっていて、2つのタグのセットが上下の階層のタグを飛び越えてはいけないルールになっています。

 

Webページの構成

ホームページやWebページのタグは大まかに言うと図のような構成となります。

<HTML>
<HEAD>
<META name="description" content="ページのタイトル">
<META name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3">
<META http-equiv=Content-Type content="text/html; charset=shift_jis">
<TITLE>ページのタイトル</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
ページの本文を記述します。
</BODY>
</HTML>

 

META "description"

HTMLのヘッダー部分に記述します。

文字数、文面は、ライバルとなるサイトから学ぶと良いでしょう。

各ページで変えること。そのページの本文に含まれる内容を指定すること。一般的で他のサイトにも当てはまりそうな文章は書かないことが大切です。

<META name="description" content="ホームページのタイトル">
というように、全角40〜100文字以内で、キーワードが入るように考えます。ただし、キーワードだけで埋め尽くすようなこともダメです。

 

META "keywords"

HTMLのヘッダー部分に記述します。

文字数、文面は、ライバルとなるサイトから学ぶと良いでしょう。

各ページで変えること。そのページの本文に含まれる言葉をキーワードとして指定すること。一般的で他のサイトにも当てはまりそうな文章は書かないことが大切です。

<META name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3">

カンマで区切って何個でも登録できますが、多くても3〜10キーワードまでにしましょう。あまり多すぎると逆効果になります。

先頭に近い文言が優先されます。

 

TITLE

<TITLE>ホームページのタイトル</TITLE>
という書式で、METAタグと同じくヘッダ部分に記述します。

ブラウザのタイトルバー等に、Webページのタイトルとして表示されるものです。

そのページのキーワードを入れること。各ページで変えること。一般的で他のサイトにも当てはまりそうな文章は書かないことが大切です。

サイトの名前に加え、ミドルキーワードを3つまで組み合わせる。ビッグキーワードは避けます。コンテンツページのtitleには、スモールキーワード | サイト名 などとします。(反対に、長くなるのを避け、サイト名などは書かないという手もあります。)

極力、余計な単語を入れないようにしますが、キーワードの羅列でもいけません。

 

h1(見出し設定)

<h1> テキスト </h1>のような書式で記述します。

h1タグは、できるだけページの上部に持ってきます。bodyタグのできるだけすぐ下に配置するようにしましょう。

その後、h2,h3,h4と順序よく入れていきます。

もし、上手く配列できない場合は、divタグを使いましょう。レイアウトに無関係に記述できます。

fontタグでサイズを制御する方法がありますが、SEOではこちらの方が効果が高いとされています。

よく、ロゴでタイトルや項目を示すことがありますが、画像をh1タグで指定することはできません。ロボット検索エンジン対策を考えると、できるだけテキストで記述するようにしましょう。ロゴは別に入れることができますから。

もし、ビジターがあるキーワードで自分のサイトにたどり着いたとします。その語句を見出し設定の上位(h1とh2)に入れましょう。

h1は一回しか使いませんが、h2以降は複数回使用して構いません。

h3以下は使用しても検索順位に影響をほとんど与えません。

 

IMG

ALT属性で代替テキストを指定したり、説明を入れたりするようにしましょう。

「alt="○○の説明"」と言った感じになります。

ただし、ただの点やラインなどの飾りには「alt=""」と指定すれば良いです。

画像のalt属性に大量のキーワードを埋め込むことは検索エンジンスパムとされ、禁止です。

 

strong

強調するときに使います。ですが、単に太字にする場合は<b>タグを使うようにしましょう。

h1やh2に比べ効果が薄いと言われています。

 

ulやol

箇条書きで使います。サイトメニューに使うと良いでしょう。

 

一番上に戻る

 

前のページ SEOはじめに | トップページ | 次のページ ページの吟味